お葬式に呼ばない人への連絡の仕方

お葬式に呼ぶ人を限定する場合は、呼ばない人に対しては、お葬式が始まる前に書面や電話で知らせる必要があります。また、普段からあまりお付き合いがないご近所さんや仕事関係の人、友人など社会的つながりがある人でお葬式への参加を断る場合は、お葬式が終わったあとに書面での連絡で問題ありません。しかし、現在働いている会社へは、亡くなってからすぐに診断書が必要になることから、家族が亡くなったため忌引きがほしいことと、家族葬の場合は弔電や供花、香典は必要ないことを使えることを忘れないようにしましょう。

このように、お葬式に呼ばない人が出てくる場合は家族葬に限らず、葬儀に呼ばない親しくお付き合いしている親戚にはお葬式を行う前に知らせ、付き合いが少ない親戚や会社関係の知人、友人の場合は、お葬式が終わってからお知らせを送るようにしましょう。

しかし、家族葬が増えている今では、お葬式が全て終わってから個人が生前お世話になっていた方に書面にて連絡するケースも増えてきています。そのため、家族の人以外に案内状を送る時期、どのようにして送るかは、親族のなかで決めることが多くなっています。ご遺族にとって、故人との最後の大切なひと時となるので、後悔がないようにしましょう。