お葬式の連絡をメールで受け取った際の注意点

本来、親族やご近所へのお葬式の連絡は直接伺うか、書面で行うのが一般的なマナーです。しかし、親しい間柄の人にはすぐに連絡をすることができる手段として、メールが使用されることがあります。お葬式の件をメールで連絡する場合は、件名は簡潔にまとめるようにしましょう。また、文章によっては迷惑メールと間違えられてしまうこともあるので、注意が必要です。また、本文の内容は、1人1人違うものを作成し、会話調で送るのもおすすめです。この際に、絵文字は携帯会社によって表示が変わってくることから、使用を控えるようにしましょう。

このほかにも、メールで伝える場合は、簡単に送ることができるツールだからこそ、慎重に文章を作らなければいけません。メールでお悔やみを伝える際にも、忌み言葉を使用しないように気を付けましょう。忌み言葉は、お葬式で不吉なことを連想させてしまいます。そのため、書いたあとに一度読み直し、失礼な言葉を使用していないか確認するようにしましょう。

しかし、メールは普段から使用されているツールでもあるので、使い慣れている人や、親しい間柄の場合は、すぐに伝えたいときにすぐに届けることができます。また、お葬式中の忙しくなかなかゆっくりと会話することができないことから、遺族が読みたいときにゆっくりと読むことができるメリットがあります。しかし、人によっては、メールで伝えることに抵抗がある人もいます。お葬式という大事なことだからこそ、書面や電話がいいという人も少なくはありません。