お葬式を家族葬でする場合のご近所への気遣い

最近では、お葬式を参列する人を近親者のみで行う家族葬も増えています。家族葬としてお葬式を行う場合は、ご近所や仕事関係の方などの列席、香典、弔電、供花などをはっきりとお断りする必要があります。この場合は、近親者のみでお葬式を済ませること、家族葬で故人を弔うので香典や弔電などの気遣いは必要ないことなどを明記した案内状を送る必要があります。

本来、家族葬を行う場合、文面で案内状を送るのが最もいい方法ですが、自治体や町内会に連絡するのがおすすめです。連絡をすることで、回覧板にてご近所に連絡することができます。この場合は、一緒に香典や弔電などもお断りすることを記載すると、親族側の手間も省くことができます。しかし、より親しい付き合いをさせてもらっているご近所さんの場合は、直接お宅まで行き案内状を手渡すといいでしょう。

家族葬でお葬式を行う場合は、これらの手続きをしっかりと行わなければ、お別れしたかったがせわしなく弔問客が訪れてしまい外出ができなくなる、お別れしたかったのにお葬式に呼んでもらえなかったなどといったトラブルになるきっかけとなってしまい、関係が気まずくなってしまうことがあります。家族葬は、故人と親しかった人たちとゆっくりとした雰囲気の中でお別れができるとして、多くの支持を受けていますが、しっかりと意向を使えないとトラブルを起こしやすいので、注意が必要です。