お葬式を行う際の親族へのマナー

お葬式を行う際に、ご近所から香典を受け取ることになります。お葬式を行う際に香典を受け取った場合は、香典返しというものが必要になりますが、親族の場合でも香典返しを渡す必要があります。香典返しは、お葬式が終わってすぐに渡すのではなく、一般的には四十九日が過ぎたころにお礼状を添えて送ります。今までは、持参することが多かった香典返しですが、最近では配送という手段が選ばれることも増えてきています。そのため、多くの人が通販やデパートなどで配送の手続きをすることが多くなっています。

また、香典返しは、香典として受け取った金額の半分の品物を贈るのが基本です。しかし、親族の場合は、3分の1から4分の1の金額の品物でも問題ありません。ただ、親族から受け取る香典は、一般の方と比べると高いことが多いので、他の方と同じものを香典返しとして選ぶのは、マナー違反になることがあるので、注意が必要です。お葬式で受け取った香典があまりのも高額の場合は、家族で相談しあって決めることで、お互いに気持ちよくやりとりをすることができます。

お葬式を行う際に、親族に香典を受け取る受け取り係や、金額を計算する会計係、弔問客にお茶を配ったり、食事を出す接待係や台所係などをお願いすることがあります。この場合は、香典返しとは別に心づけとして現金を渡すか、簡単な品物を贈るようにしましょう。